看護師求人コールセンターTOP > コールセンターの看護師になるデメリット

コールセンターの看護師になるデメリット

看護師の資格を持っている人がコールセンターで働く場合は、様々なメリットがあります。しかし、実際にはメリットだけではなくデメリットがあることも知っておく必要があります。メリットとデメリットは、どんな仕事にもあります。重要なのは、それらが自分にとってどれだけ重要なことなのかを判断して、働き方を決めることです。

コールセンター業務は、仕事の見つかりやすい地域と見つかりにくい地域があります。こればかりは実際に探してみなければ分かりませんが、一般的には北海道の札幌市、宮城県の仙台市、愛媛県の松山市、沖縄県などはコールセンターが数多くあります。もちろん、ほかの地域にもあるのですが、地域によってはほとんど求人情報が見つからないこともあるのです。また、コールセンターの仕事が見つかりやすいかどうかのほかに、その中で看護師の資格を必要とする業務がどれだけあるのかという問題もあります。もともと人気が高く好待遇の仕事ということもあり、なかなか仕事の決まらないことがあるのはデメリットと言えます。

座っている仕事よりも体を動かす方が性に合っているという人は、コールセンターでの仕事自体がデメリットになるかもしれません。じっとしているのは落ち着かないという人もいるくらいなので、これはその人の性格に関わる部分です。働き方の一つではありますが、その働き方が自分に合っているのかどうかはよく考えましょう。そして、対面して話すコミュニケーション能力と、電話のみでのコミュニケーション能力は別なものが求められることがあります。対応記録を残すのはパソコンであり、場合によってはしゃべり続けることで喉への負担もかかるので、自分の能力や体質も考慮しなければ転職をしても失敗という結果になるかもしれないのです。

これまで看護師として病院での勤務を続けていた人にとって、まったく異なる働き方でアルコールセンターは、慣れるまで時間がかかります。前職と同じ働き方なら馴染むまで早いのですが、まったく未知の分野になると苦労も絶えません。あっさりと順応できる人もいますが、この部分に時間がかかる人もいるので場合によってはデメリットになると言えます。

これらのデメリットは、とても気になる人もいれば、まったく気にならない人もいます。実際に働いてみなければ実感できない部分もありますが、友人・知人でコールセンター勤務をしている人がいれば、実際にその話を聞いてみて判断してみてください。

看護師コールセンター求人ランキング!この5サイトが実績◎!

ナースフル

ナースフル

コールセンターの看護師求人は、リクルートが設立した「ナースフル」でお探しください。高給与・好条件が揃っています。日本最大級の求人数の中から、医療系コールセンターもカンタンに探すことができます。「ナースフル」が最後までサポート致します。

詳細はこちら


>>コールセンターのナースの求人はまずここに登録!ランキングを詳しく見る!<<