看護師求人コールセンターTOP > コールセンター看護師の志望動機

コールセンター看護師の志望動機

サービス残業や長時間の立ち仕事がつらくて、臨床現場を離れたいと思っている看護師は少なくないと思います。その中には、コールセンターを転職先に考えている人も居るのではないでしょうか?  ただ、コールセンターの仕事にいざ応募しようと思ったとしても、今までと勝手が随分と違うので、志望動機も困ってしまうと思います。 そこで今回は、大手転職エージェントのキャリアコンサルタントの言葉を参考に、志望動機のまとめ方をご紹介したいと思います。

■「お客さまへの貢献」がキーワード
コールセンターも自分の専門性を武器に、誰かのために貢献する仕事である点には変わりがありません。ただ、医療機関と違って、コールセンターの相手は「お客」という要素が強くなるので、“お客さまの利害に貢献する”という姿勢が重要になります。 その意味では、看護師時代に心掛けていた接遇に関する意識や経験を志望動機に盛り込んで語れると理想的だといいます。健診センターに勤務していたような看護師は、志望動機も書きやすいので有利です。 ときにはコールセンターの受話器越しで高飛車な態度を取ってくる残念な人もいます。そうした人でも自分は接遇に徹底できる理由を、志望動機の中に盛り込めると最高ですね。

■なぜ“コールセンター”なのかへの言及も必要
また、なぜコールセンターなのかという点にも、志望動機の中で触れておく必要があるといいます。臨床現場ではなく、なぜコールセンターなのか、手を伸ばせば患者に触れられる臨床現場ではなく、どうして電話越しの相談業務を選ぶのか、その辺りは面接でも確実に聞かれます。最初に履歴書の志望動機で明らかにしておいた方が分かりやすくていいです。 臨床現場は立ち仕事がつらい、残業が多いなど、自分都合の理由があった場合は、正直に書いてしまってもいいといいます。ただ、自分の都合を書いた後は、顧客や会社への目配せも忘れてはいけないといいます。自分の都合ばかりを優先して志望動機の中に書くのではなく、会社や顧客へ貢献する気持ちも志望動機の中では語りたいですね。

以上、コールセンターに転職を希望する看護師が、どのように志望動機をまとめるかについて語りましたが、いかがでしたでしょうか? 接遇の意識や経験を基に志望動機をまとめるといいと語りました。 自分で上手に志望動機をまとめきれない場合は、転職サイトなどが履歴書作りを無料で手伝ってくれます。相談してみてくださいね。

看護師コールセンター求人ランキング!この5サイトが実績◎!

ナースフル

ナースフル

コールセンターの看護師求人は、リクルートが設立した「ナースフル」でお探しください。高給与・好条件が揃っています。日本最大級の求人数の中から、医療系コールセンターもカンタンに探すことができます。「ナースフル」が最後までサポート致します。

詳細はこちら


>>コールセンターのナースの求人はまずここに登録!ランキングを詳しく見る!<<